2012年02月26日

エンジンへタレで・・・悶絶

2月26日、今日は行きつけのショップ(OTR)の練習会に参加。

今までは、TREKファミリーでないのもあり練習会は遠慮していたのですが、
なんと!!買ってしまいましたmadone5.9を!!
フレーム買いしてコンポは今まで使っていた105を移植しました。

これで、TREKファミリーの仲間入りです。そんな分けで、
練習会には、気兼ねなく参加できました。

自走で8時ちょい前に集合場所のOTRつくば店に着くと
な・な・なんと駐車場に3本ローラー置いてUpしている人がいる・・・
なんかやばい予感・・・・・・・・・・

店員さんは笑顔で「全然大丈夫ですよ」と他人事。
ビビリまくっているとオゴさん出現。
「行くって言ってたから来ました」となんていい人なんだ〜
少し緊張が取れていざ出発。
練習場所の万博記念公園近くまでは30km/hrでゆっくり巡航
つくば店に初めてお邪魔した時から良くして頂いてるF越さんと
コースの確認など話しながら楽しくライド。

練習コースに着いて練習開始。1周4〜5km(だったと思う)の市街地
周回コースを2周は30〜35km/hrで集団走行とのこと、
これなら何とか付いていけると思ったのだが、
練習不足のオヤジエンジンは先頭にでると途端にヘタレる。
なんとか、千切れずに最後までいけたと思ったら、
残り1〜2kmのところでアタックが入ってオヤジ終了〜〜

休憩して、後半はマイペースでとのこと、
もう全然脚が回らずにスタート直後に千切れてました。

遅れだした方を拾って3人の小集団を形成してavg30km/hr維持
がやっとの状態で4周回して終了。
お店までの道のりもアップアップしながら本日の練習は終了。
楽しかったが、チーム錬にない緊張感が疲れました。

やっぱ練習あるのみだと言うことを改めて実感した練習会でした。
posted by masa@アシツッタ at 22:33| 茨城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

ゆるゆるライドのはずが・・・・・悶絶

1月15日
チームメイトとゆるゆるライドに行って来た。

メンバーは、
部長、I井野さん、U田ちゃん、Hiropon、、ぐっさん、
ロバさん、I橋君、さとくん、オヤジの9名

部室〜茎崎運動公園〜小貝川CR〜福岡堰〜
つくばみらい〜茎崎〜部室
という、平坦コース。

今日は、新入部員のさとくんと行くゆるゆるライド
オフシーズンのトレーニングと言えば「LSD」
じっくりマッタリを目標に出発。

ロバさんの後ろで無風のなか出力30%OFFでサボっていたら
部長から「なんかサボってる」との指摘を受け
小貝川CRで先頭にでたら今度はさとくんに「バカ!!」と
怒られた。池田塾の最低速度で走ったら怒られました。
すみません、身体に染み付いてしまったもので・・・・・・・・

福岡堰で小休止してつくばみらいのダラダラ坂をみんな
思い思いのスタイルで登り。
双愛病院の近くで部長からペースアップOKの指示。
Hiropon,ぐっさん、ロバさんがペースアップしたので
付いて行くことに、狭い通りは付いていけるペースだったが
牛久ICからペースが一段と上がって悶絶モード。

西大通りに出るときに「土練コース行きましょう」
とロバさんと話してる・・・・・・・・・・・
マジっすか??  思いギアずっと踏んでたので
脚がチョッとキツくなってきてたのに・・・・・・・・・

ローテーションは、3人にお任せして付いていくのがやっとでした。
新土練コースでは完全に千切れました。
しかも、行きに抜いた女の子に、折り返してすれちがい様に
「あっ、一人遅れてる」と辱めの言葉を浴びせられました。

西大通りの戻り最後死ぬ気で引こうと先頭に出るも
脚売り切れでズブズブでした。ヘロヘロで部室に戻り
しばし、皆とダッベって解散。

走ってるときは辛かったけど、最後までチーム上位クラスの
人たちに何とかだけど付いていけたのは少し自信に繋がるかな。

とは言っても、全力で付いていくのがやっとです。
まだまだ身も心も鍛えねば!!

posted by masa@アシツッタ at 22:09| 茨城 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

今年初の不動峠で・・・悶絶

2012年になって初の不動峠チーム練

I田先生率いるその名も、魁!I田塾。

メンバーは、
塾長のI田先生、Hiropon、O郷さん、オヤジ。
ハギハギ先生は途中合流。ゲンクは、平沢遺跡で合流。

メンツ的にいつもの如く、ひとり悶絶は必死。

コースは、
部室〜西大通り〜不動峠〜つつじヶ丘の往復。
距離は60kmぐらいか。

朝、6:00時起床、朝食を済ませてシャワーを浴びて身支度。
6:40に家を出て部室へ、
今日は、人数が少ないので往路の向かい風区間を
ローテ入らないとダメかなとチョッとブルー。
しかし、部室でO郷さんにあって悩み解消。
3人いれば僕は引かなくてよし。と勝手に決めました。

部室を出て西大通りはいつものように信号インターバル。
オヤジ以外は、爆走モードです。
先頭交代で下がってきてもオヤジの前に入っていただき
オヤジは出力3割引きで温存です。
途中、国土地理院前でハギハギ先生と合流。
みんな速いと愚痴りながらも先生もすぐに爆走モードへ。

平沢遺跡に向かう農道では、最後チョッと前に出たら
塾長の逆鱗?!に触れすぐにアタックつぶしにあって
撃沈しました。

平沢遺跡で、ゲンクとも合流。ここで、今日はつつじヶ丘まで
行こうとなる。う〜む、脚もつかな?????

不動峠は去年の走り納めライドでやって結構面白かった
フロント・アウター縛り練で行くこととした。
塾長、O郷さんは、ピューっといなくなってしまったが。
Hiropon,ゲンク、ハギハギ先生は後方でマッタリ走
オヤジはその中間でひとり悶絶してました。
今日も、19分30くらいで登坂した。

いつもお世話になっている、ショップの方達もいて
挨拶して、つつじヶ丘へ。

風返し峠まではフロント・アウター縛りを続けたがさすがに
つらかったっす。最後尾一人旅です。

でも、風返しからはフロント・インナーでクルクル回せたので
楽しかった。

つつじヶ丘でしばし休憩し、復路へ、
ほんのチョッとだけどコーナーワークがうまくいったので
内心ムフフっとしながら、一気に平沢遺跡まで。

不動の下りでは、Hiropon,ハギハギ先生を追っかけながら
ライン取りの勉強が出来た。

帰りの農道ではお約束のスプリント合戦へ、
頭を抑えようとすぐに前に出たら、ここでも塾長の逆鱗?!
に触れたらしく、始まってすぐに塾長一人逃げ。
40km/hrで追ってもどんどん離されていくです。
力尽きてタレたところを皆にパスされ終了〜〜。

西大通りに出たところで皆が一斉にオヤジを見るもんだから
今日も、お約束の「西大通り全引き練」開始。

気温もある程度上がって、追い風この好条件でなければ
出来ない芸当です。万年へタレのオヤジとしては、
いい練習です。がんばりました。
途中でハギハギ先生とお別れし、リスタート。
後ろの人のケアなんか出来ませんが、ひたすら
一定のペースで走りきりました。でも、K`s電気の坂の
手前までで何とか引ききりたいと思ったのですが
栄進高校の手前で力尽き、お役目御免。

後は、ひたすら流して今日の練習は終了。

みんな強すぎです。
塾長は、終始重いギアでズンズン行ってしまうし、
Hiroponはほぼアウター・トップのままだし、
O郷さんも寒いの苦手とか言ってピューって行っちゃうし。
ハギハギ先生もマッタリ走りたいとか言って、爆走するし、
ゲンクなんか絡む暇さえなかった・・・・・

こんなスゲー人たちに囲まれてオヤジ幸せ者です。
少しでも、みんなに付いて行けるようにがんばります!!!
posted by masa@アシツッタ at 22:10| 茨城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

新年明けましたが、去年お話を

平成24年 新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

でも、話は大晦日のことなのです。

平成23年12月31日に
走り納めをしようという事になり不動峠に行ってきました。

メンバーは、
I田先生、ぐっさん、F田先生にオヤジの4人
大晦日の走り納めにこのメンツとは、トホホ、、、、、、
確実に悶絶モード突入コース確定。
I田先生とご一緒するとハンガーノック確立5割です。
無事に帰ってこれるかどうかは神様だけが知っている・・・・・・
でも、ドMのオヤジとしては参加しないわけには行かないのだ。

朝、7時に部室に集合し、不動峠目指して西大通りをひたすら進む
往路は、向かい風なのでお尻張り付きの術作戦。
F田先生がおNewシューズで苦戦気味。
オヤジはいつも通り苦戦しまくり・・・・・・
毎回ですが、不動手前の農道で千切れる始末・・・・・・・
ああ〜先が思いやられる。

平沢遺跡で小休止して、いざ不動峠へ、

みんな「今日は、マッタリ登る」とのことなので
少し気が楽になったので、
ならば、今日は「フロント・アウター縛り」で行こう!!
50T×12−25Tだけど行けるとこまで行こう。
一応、ラップボタンは押して、ホンワカペースで入りました。
モナカ壁のところでインナーに下ろしたい欲求に耐え
初めて、フロント・アウターで登りきりました。
タイムは19分20でしたが・・・・・・・・・
我ながら良くやったなと思いながら
下りへ、前回は下りで足先が冷えて感覚が
なくなってしまったので、今日は、シューズと
シューズウォーマーの間に「ホカロン」を忍ばせていたんです
このおかげで、くだりもストレス無く下りきり
小休止をして復路へ。
農道のスプリント勝負は・・・・・・・・
I田先生曰く、「相手の心を折る走り」の前になすすべも無く
撃沈しました。ぐっさんは、喰らい付くも最後の一刺しまで
至らずにチョッと悔しそう。
市原病院の前の信号で、引けと突っつかれ、
先頭引きを任される。
帰りは、追い風なのでひたすらマイペースを
貫こうと、先頭交代しないようお願いし、力尽きるまで
行こうと決意。35Km/hr巡航を目安に走り出す。

不動峠を重めのギアで脚を回していたので
平地で脚が軽く感じ、追い風も手伝って先頭でも
鼻歌交じり。気持ちよく走っているとつくば記念病院あたりで
ちょいタレしたら皆に、「大丈夫か?」と心配された。
ここで、先頭を譲ると千切れる可能性があるので
平静を装い、先頭を死守。
気温も上がってきて身体も温まり、ペース維持もしっかり。

気が付けば栄進高校まで引き続けることが出来た。
サイクリングペースとはいえ、すっごい気持ちよかった。

最後、K's電気の坂スプリントは、作戦通り
先頭:ぐっさん、2番手:I田先生、3番手:オヤジで入り
ぐっさん離脱しその後、I田先生を利用しオヤジ発射の予定。
結果、オヤジ付き切れという最悪の結果に
あんだけぐっさんにがんばってもらったのに・・・・・・・・・・
お恥ずかしい、すんませんでした。

流しながら部室へ帰還し
楽しい時間はお開きに。しばし今日の反省をしていると
平地走行班の部長・U田ちゃんが帰還、I井野さんも
こちらに向かっていることこと。

冬なのに最高にホットな時間だった。走り納めとしては
最高の走りが出来た。
今年も、最高なチームメイトの皆と走り続けたい。

写真_1.JPG
帰還し余裕の2人
写真_2.JPG
おNewシューズに苦戦してしまったF田先生
お疲れ様でした。

posted by masa@アシツッタ at 22:47| 茨城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

今年の締めくくりで・・・悶絶

先日、12月3日にTOKYOエンデューロ2011BAY☆STAGEに参加してきました。

当チームからは

<2時間エンデューロ:男女混合>
部長・U田ちゃん・O島三等兵さん

<4時間エンデューロ:コーポレート>
Hiropon・ゲンク

<4時間エンデューロ:男子>
O郷さん・O島三等兵さん(掛持ちエントリー)

<4時間エンデューロ:コーポレート>
ロバさん・I橋・私ことオヤジ

で行ってきました。

場所は、千葉県袖ヶ浦市のフォレストスピードウェイ
朝4:00時に出発して、その日はゲンク車に乗せてもらい
たわいも無い話をしながら楽しくO島三等兵との
ランデブーポイントへ、会場近くのコンビにで落ち合い
皆で会場へ・・・・・・・・
雨ザーザーです・・・・・・・・
寒いし、雨だし、みんなの口から出るのは
ネガティブな発言ばかり、オヤジも多分にもれずです。
ヤル気微塵も湧いてきません・・・・・・・・・

そんな中、着替えてバイクをいじり始めたのは
部長・U田ちゃん・O島三等兵さん
試走に行くとのこと、
このコースオヤジも初めてだが丁重にお断りし仮眠を
することにしました。

2時間エンデューロは9:00スタート〜11:00ゴール
土砂降りの中、O島さんスタートライダーで始まりました。

快調に周回を重ねるO島さんでしたが、突如先頭集団から
いなくなり苦悶の表情に・・・・・

部長とU田ちゃんが慌てて準備をしてO島さんを向かい入れる
聞くと、前走者にハスって落車したとのこと
バイクも身体も大きなダメージは無く一安心。
U田ちゃん→部長と繋ぎ無事ゴール。
部長はあまり見せないマジ顔でがんばっていた。
3人の特に部長のアツい走りに超元気をもらった。
結果は3位入賞パチパチ!!
表彰式で新城選手にメダルをかけて貰っていて
超羨ましかったっす。


11:45から4時間エンデューロのスタート
このころには雨はほとんど上がっていて
モチベーションはやや上がり気味
スタートは、Hiropon、O郷さん、ロバさんの3人
Hiropon、O郷さんは2時間30分or行けるとこまでとのこと
我がチームは、
ロバさん100分・I橋君70分・オヤジ70分の予定
ロバさんはこのところ絶好調なだけにオヤジを表彰台に
あげてくれるのではと期待大(完全に他力本願です)

Hiroponとロバさんは先頭集団にしっかり入っていたが
O郷さんが序盤で遅れだす。いつぞやに「寒い日は苦手」
と行っていたのを思い出した。

1時間経過したあたりでロバさんの表情に余裕がなくなってきて
ついには集団から遅れだした。さすがにこの寒さですからね
2〜3周知らんぷりをしてみたがさすがにキツそうなので
「どうする?」と聞いたらチョッと迷った末にチェンジのサイン
第2走者のI橋君にチェンジ。
I橋君もアツい走りで周回を重ねる。オヤジは、トイレで軽量化したり
クリームを塗ったっくったり大忙し。
そんなことをしていたらI橋君も悶絶の表情になりだし
チェンジサインがでてオヤジの出番。

このコースは走ったことがないので、最初の2〜3周は
マッタリ走ってコースの勉強をしようと決めていた。
しかし、コースアウトしてすぐに後ろから集団が迫ってきた
自分でも不思議だが、何か変なスイッチが入ってしまい
トレインに乗ってしまった。最初の上り基調から下りに
入り、みんなが要ケアーと行っていたRのキツイコーナーに
そこは、コース外の土が流れ込んでしまっている場所・・・・・
ブレーキングポイントが分からずコースアウトしました・・・・・・

コースに戻り走っていると前方に新城選手を発見!!
前回もてぎで後姿を見ただけだったので必死に追いかけ
新城トレインに張り付き成功(笑)
AVG30km/hr程度で走ってくれていたのでコースになれることも
できて、一石二鳥でした。

コースも分かったし、身体も暖まったので新城トレインから
速い集団に乗り換えてペースアップを目論む。
しかし、ここからが長い苦行の始まり。
みんな、上りでがんばり過ぎ、オヤジ遅れるんだけど
集団が上りのピークでガッタとスピードが落ちるその後の
下りでもスピードが上がってこない、仕方ないので
先頭に出ると誰も付いてこない・・・・・・・・
しばし一人旅・・・・・・集団発見張り付く、上りで集団がんばる
上りのピークで集団崩壊、一人旅・・・・・・・・
この繰り返しでした。途中、単独走行のライダーに声かけするも
ことごとく無視されました。
途中、O郷さんに会い引いてもらったんですが、O郷さん曰く
「サイクリングペース」に付いて行けず千切れたり・・・・・・・
O島さんが引くトレインに乗って半周で千切れたりとやらかしながら
何とかフィニッシュできた。

これも、みんなの声援があったからこそ走りきれたと思う。
いろんなところから声が聞こえました。後半は顔さえ向けられませんでした
でもしっかりと聞こえてました。
嬉しかったし元気が出ました。ほんとありがたかったです。

結果は、
<4時間エンデューロ:コーポレート>
Hiropon・ゲンク
部門優勝!!!(3連覇)
<4時間エンデューロ:男子>
O郷さん・O島三等兵さん(掛持ちエントリー)
部門9位サイクリングペースと言って走っていた人と午前中に落車した人でこの成績。
<4時間エンデューロ:コーポレート>
ロバさん・I橋・私ことオヤジ
部門14位
この結果はロバさんとI橋君の走りが大きいいですな。

個人の評価は
走行時間:1時間32分
AVG:32.3km/hr
当日では一番走りやすいコンディションだったと思うが
こんな走りしか出来なかった・・・・・・・・
練習が足りない・・・・これに尽きる。
帰りの車の中でゲンクに
「練習していないのにあれだけ走れるんだから
毎日30分でもいいから脚を回したら、
もっともっと速くなると思います」という言葉が
胸に突き刺さっております。

今年の締めくくりのレース身も心も悶絶しました・・・・・・
がんばります。
posted by masa@アシツッタ at 22:51| 茨城 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。